« Chabo!の活動 | トップページ | 「起きていることはすべて正しい」セミナー@紀伊国屋 »

2008年12月15日 (月)

効率化と非効率のあいだ

「AREA」に福岡伸一さんと勝間和代さんの対談で、生物学者からみた

勝間さんの「効率化」に関するやり取りがとても興味深いものでした。

人間はそもそも怠惰であるので、理念なき「効率化」は無為なもので

無益な競争に陥りがちであると。

日本の大企業をみると、国際競争力をつけるために、効率化や合理的に

人を使って利益ばかりを追い求め続けた結果、現在のような派遣問題など

起きてしまっています。

人間は不足する状態には過敏で、過剰には無防備であるもの。

過剰について無防備ではなく、社会の富を還元する仕組みを大企業は

考えていく必要もあるのかな思います。

短い対談ですが、すごく内容の濃く学ぶべきものが多いです。

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-0af9.html

|

« Chabo!の活動 | トップページ | 「起きていることはすべて正しい」セミナー@紀伊国屋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 効率化と非効率のあいだ:

« Chabo!の活動 | トップページ | 「起きていることはすべて正しい」セミナー@紀伊国屋 »