« 景気底打ち宣言 | トップページ | 【書籍】国際会計基準IFRS完全ガイド―経営・業務・システムはこう変わる!! »

2009年6月26日 (金)

【アニメ】火の鳥 2巻

「生命を正しく使ってくれるようになるだろう」この巻の最後の言葉です。

この巻で、未来の中で絶対的なコンピュータが人間をコントロールしている姿を見ていると

まるで、お上に何もかも任せておいて、与えられたものにしか満足できない現在の社会と

重なるところがあります。

絶対的なコンピュータがなくなったとき、何年もさまよう人。この世界は人間だけのもの

だけでなく、いろいろな生命が進化し、生まれ変わる。でも、人間だけは、人間だけの

生命に執着して、誤った方向に進化していく姿は、むなしい気がします。

手塚先生のメッセージが強く伝わる一冊なので、ぜひ読んで欲しいです。

book火の鳥 2巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041851025/hideqingtao-22

|

« 景気底打ち宣言 | トップページ | 【書籍】国際会計基準IFRS完全ガイド―経営・業務・システムはこう変わる!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/45461776

この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】火の鳥 2巻:

« 景気底打ち宣言 | トップページ | 【書籍】国際会計基準IFRS完全ガイド―経営・業務・システムはこう変わる!! »