« ワーク・ライフ・マネーのバランス | トップページ | 集中力を増してみる仕掛けとは。 »

2010年2月11日 (木)

ストップウォッチ勉強法

資格の勉強していると、時間配分の壁にぶち当たることはないでしょうか。

私が取り入れてる時間配分攻略として、ストップウォッチを利用しています。

時計は、ただ時間の流れを知るものなので、どれだけ問題を解く時間を測定できません。

ストップウォッチの場合、時間を測定でき、時計よりも時間配分を意識することになります。

例えば、問題10問を30分で解くのに、

時計の場合、10:30分から開始したとすると、時計が11:00となっても、分が00に

リセットされた気分になり、「時間が経ったなー」と感じて測定できません。

ストップウォッチは、時計の流れとは別に、00から30分でカウントされ正しく時間を

測定できることができます。

いつもストップウォッチを持ち歩くことはできませんが、たまにはストップウォッチで

時間を測定してみては。。

安いストップウォッチがあるので、一度トライしてみるのもいいと思います。

愛用しているストップウォッチ(詳細参照できます)

|

« ワーク・ライフ・マネーのバランス | トップページ | 集中力を増してみる仕掛けとは。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/47536678

この記事へのトラックバック一覧です: ストップウォッチ勉強法:

« ワーク・ライフ・マネーのバランス | トップページ | 集中力を増してみる仕掛けとは。 »