« 日本の産業を巡る現状と課題をみてみよう。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ちょっと国債について、知ってみよう。 »

2010年3月30日 (火)

【中小企業診断士勉強中】受験生は流動性のわなにはまらないように。

貨幣の資産需要で債権には利子があり、収益をあげることができましたが

なんと利子率がゼロになり、誰も債権をもたないようになる現象が発生。

これを「流動性のわな」といいます。

これは債権に魅力がなくなることから起きる現象です。

貨幣需要は利子率の減少関数となり、利子率が一定になる部分、ここが

流動性のわな」です。

20100330

過去問をといていると、「流動性のわな」を忘れてしまうことがありますが

このわなにはまって得点を失わないようにしないと。。。

|

« 日本の産業を巡る現状と課題をみてみよう。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ちょっと国債について、知ってみよう。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/47947365

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】受験生は流動性のわなにはまらないように。:

« 日本の産業を巡る現状と課題をみてみよう。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ちょっと国債について、知ってみよう。 »