« 【中小企業診断士勉強中】税金と消費関数の関係は | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】三面等価の支出と消費関数を組み合わせると。 »

2010年3月20日 (土)

【中小企業診断士勉強中】貯蓄にも関数があります。

消費関数があれば、その裏返しとして貯蓄関数もあります。

貯蓄をSとすると

S = Y - C = (1 - c )Y - CO

C : cY + CO 消費関数

S :貯蓄

Y :国民所得

(1 - c ) : 限界貯蓄性向、所得が10万円増えたとき、そのうち3万円を貯蓄に回すと、

0.3となります。0<c<1。限界消費性向 + 限界貯蓄性向 = 1 となります。

平均貯蓄性向:所得のうち、消費に回した割合。

201003201

関数の形はとても似ていて、縦軸が貯蓄、横軸はもちろん国民所得。

0よりも小さい-COとなって、、貯蓄を切り崩している部分があります。

貯蓄を切り崩す部分は、ちょっと生活感を感じてしまいます。

ここでの貯蓄は、ストックでなくフロー。一定期間に貯蓄に回された金額です。

|

« 【中小企業診断士勉強中】税金と消費関数の関係は | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】三面等価の支出と消費関数を組み合わせると。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/47858592

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】貯蓄にも関数があります。:

« 【中小企業診断士勉強中】税金と消費関数の関係は | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】三面等価の支出と消費関数を組み合わせると。 »