« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

【中小企業診断士勉強中】財政・金融政策の効果 古典派編

古典派では、総供給曲線によって国民所得が決まるので

たとえ、財政・金融政策で需要を刺激しても、物価があがるだけで

国民所得は変化しないんです。

0430

古典派においては、国民所得を上げていくには、財政・金融政策は

有効なアプローチではないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

【システムエンジニア業】クラウド??に

クラウドっ、自分の中でもこれから、いや今のシステム業界ではキーワードかな。

クラウドって文字通り訳すと、「雲」でネットワークを表すそうです。

今までは、企業がシステムに必要なアプリケーションやサーバー機器を所有していましたが、

もう所有するのではなく、システムサービスを受けるだけ。

システムユーザはサービスを受けるだけで、利用料金を払えばいいだけです。

あえて、家にたとえると、持ち家でなくて、賃貸するイメージでしょうか。

私が携わっているERPパッケージ業界も、ERPパッケージを購入して、ユーザ仕様にいろんな設定を

行うのがほとんどでしたが、ある程度仕様に制限はありますが、クラウドという形で

ERPパッケージのサービスを提供しているところもあるんです。

うちの会社も、システム業界の動きにパッと反応すればいいのですが、なかなか

今までの形態から抜けきれないようです。

システムユーザからみれば、コストと効果の両面から、いろいろなシステム形態を

提案してくれるほうが、いいですよね、もちろん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】政策が、総需要・総供給分析にどのように影響するか

ここでも政策が総需要曲線と総供給曲線にどのように影響を与えるか?みていくことに。

まずがおさらいです。

【中小企業診断士勉強中】クラウディングアウトって!!
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-7bf1.html

→財政政策を実行すると、国民所得と利子率が上昇。IS曲線は右にシフト。

【中小企業診断士勉強中】IS-LM分析での金融政策の効果
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/is-lm-d6a4.html

→金融政策を実行すると、国民所得が上昇、利子率が低下。LM曲線は右にシフト。

財政と金融との両方の政策でも、国民所得は上昇するので、縦軸 物価水準、横軸 国民所得とした

総需要・総供給分析の総需要曲線は右にシフトします。

ここまでがIS-LM分析をもとに総需要・総供給分析の総需要曲線との関係です。

こんな感じで、それぞれの分析が関連しあっているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

【中小企業診断士勉強中】国民所得と物価水準の分析(ケインズ派)

次はケインズ派の総需要・総供給分析(AD-AS分析)をみていきたいと思います。

ケインズ派と古典派の違いは、ケインズ派の総需要曲線と総供給曲線の交わる点、均衡点は、

完全雇用に到達する前(右肩上がりの曲線)と完全雇用に到達した後が存在します。

完全雇用に到達した後は、古典派と同じく完全雇用となり非自発的失業は存在しません。

完全雇用に到達する前(右肩上がりの曲線)は、非自発的失業が存在します。

0428

古典派とケインズ派では、労働市場の完全雇用に到達する前(右肩上がりの曲線)部分の捉え方が

違うのですね。やっぱりケインズ派のほうが、実態により近いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

最近、やっと実感できた言葉

「考え方を変えれば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人生が変わる」

この言葉、どこかで聞いたいのか見かけたのか覚えてませんが

最近、やっとこの言葉を実感できるようになりました。happy01

エンジニアなのでもっと専門性を高めるため、自己資産をあげたいとの考えは

あったのですが、なかなか行動に出せずにだらだら生活をしていました。

でも、ちょっと早起きをして時間を確保するように行動をして、そして勉強や物事に

集中できる時間も確保しました。

そしたら、専門性や自己資産をあげる時間を投資する、習慣化になっていってます。

あとは、人生を変えていくプロセスを楽しむだけです。up

いい言葉や人にあうと、それをどこかで覚えていて、ちょっとした行動に踏み出すことで

それを実現していくものだなーって、実感する日々。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】国民所得と物価水準の分析(古典派)

ここまでは、総供給曲線と総需要曲線に物価水準がどのように影響を

与えるかをみてきたので、ここで、総供給曲線と総需要曲線を組み合わせみます。

この組み合わせで、物価水準と国民所得の水準を分析することができます。

この組み合わせは、総需要・総供給分析(AD-AS分析)と呼びますが、やはりここでも

古典派とケインズ派で考えていかないといけないんです。この2つの派、経済学では

切り離せないんですね。

0427

古典派の総需要・総供給分析(AD-AS分析)の特徴は、

古典派では物価水準に依存しないで、総供給曲線と総需要曲線と交わります。

この交わった点、完全雇用で非自発的失業は発生せず、均衡。そして、国民所得は

総供給曲線で決定されます。

繰り返し、グラフを書いていると曲線が自分に馴染んできたような。。。。

グラフはみるだけでなく、書くことも必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

【中小企業診断士勉強中】経済学を学習しているときの独り言

経済学を学んでいると、いろいろな曲線が出てきたり、ある曲線から別な曲線を

導出したりと結構大変です。

これが経済学の難しさや複雑に感じてしまうところ。

今までのInput情報を整理しないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】総需要曲線をみてみる

総需要曲線をみてみることに。

貨幣市場に関係あるLM曲線だけが、物価水準の影響を受けるのでLM曲線は

左右にシフトします。

04261

物価が上昇すると左にシフト。そうすると国民所得が減り、利子率は上昇してしまう

均衡状態になります。

逆に物価が上昇すると右にシフト。そうすると国民所得が増え、利子率は減ってしまう

均衡状態になります。

ということは、均衡国民所得は、物価水準の減少関数です。

なんだか、似たようなグラフばかりで、混乱しがちですが、導出された総需要曲線は

縦軸が物価水準で、横軸が国民所得、右下がり。

04262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

【中小企業診断士勉強中】財市場と貨幣市場は、物価の影響をうけるか?

経済全体の総需要曲線は、財市場と貨幣市場から導出されます。

労働市場は、総供給曲線を導出します。

財市場と貨幣市場を組み合わせた曲線、IS-LM分析を思い出すと確か

縦軸が利子率、横軸が国民所得でした。IS曲線とLM曲線が交わる点が

2つの市場が均衡している状態。

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/islm-dee6.html

このときは物価の変化は考慮していませんでした。

IS曲線が物価の影響を受けるかどうか??それは影響を受けないことに。

物価が100上がっても、需要と供給もそれにあわして、変化するからです。

次は貨幣市場のLM曲線が物価の影響を受けるかどうか???

貨幣市場なので、物価の影響は受けます。

貨幣市場のなかでも、マネーサプライに関係する貨幣供給側が影響を受けるのです。

実質的なマネーサプライ = 名目的なマネーサプライ / 物価水準

分母に物価水準があるので、これが変化すると、実質的なマネーサプライも

変化することに。

たとえば、1000円のお金を持っていて、物価が20円とすると、実質的な

マネーサプライは500円。

物価が50円に上がると、実質的なマネーサプライは200円。

なので、物価の影響を受けることになります。

だんだん経済学の曲線の整理と復習が必要になってきそうです。

受験生である私にとって、整理するのが大変。他の受験生も同じ思いなのかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

【中小企業診断士勉強中】ケインズ派の総供給曲線

ケインズ派の総供給曲線をみていきましょう。

名目賃金、いつももらっているお給料が同じ金額のままだと、完全雇用に比べて

労働量が少なく、国民所得も少なくなります。

でも、物価水準が上がると、実質賃金(名目賃金/物価)は少し減り、完全雇用に近づきます。

完全雇用状態なので、非自発的失業もへり、労働量と国民所得も増えます。

このあと、物価水準を上げても、国民所得はそのままです。

これは、ケインズ派の総供給曲線。

20100424

古典派、ケインズ派この言葉を聞くと、手が出しにくく感じてしまう経済学。

でも、1つ1つを自分なりにやさしく感じるまで紐解く作業が必要なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

【中小企業診断士勉強中】古典派の総供給曲線

古典派といえば、完全雇用が実現するものでした。

それは、物価が変化しても、それにあわして名目賃金も変化するからでした。

グラフは

0423
すごくシンプルな曲線になります。

古典派では、物価が変化しても、総供給曲線は変化しません。なので

こんな曲線になるのです。

古典派のほうが、いろいろな要素を考慮してないから、シンプルで受験生にとっては

いいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

【中小企業診断士勉強中】3つの市場、経済全体から供給と需要をみることに。

財市場、貨幣市場、そして労働市場の供給と需要の関係をみてきました。

これから、経済全体から供給と需要をみてみることに。

まずはは、供給面。

私たちが仕事をして労働量が増えると、そのアウトプットである生産量も

増えますよね。逆に仕事、労働量が減ると、生産量も減ります。

なので、供給面からみると、労働量の変化が影響することになり、経済全体の供給は、

労働市場から導出されます。

導出された時、曲線の名前はAS曲線(Aggregate Supply Curve)、総供給曲線と訳されます。

これは、ある物価水準があるとき、雇用量と生産量をあらわす曲線で、

生産量=国民所得は、労働量の増加関数です。

需要はというと、財市場と貨幣市場から導出ということに。

あと、ここでも古典派とケインズ派の2つの派の特徴を理解しておくことが必要ですね。

やっと、最後の締めくくりまで近づいてきました、まだ少し長い道のりですが、

がんばっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

【システムエンジニア業】システムのパッケージソフトもいろいろです。

パッケージソフトというと、よくコマーシャルなどで「勘定奉行」や「大蔵大臣」

など、経理用のパッケージソフトを思い浮かべるのではないでしょうか?

他にも販売管理、生産管理、在庫管理、人事管理など、ネットで検索しても今では当たり前の

ようになっています。あとは、ERPパッケージです。

ちょっとここからは、難しい文章になってしまいますが、

生産や販売、在庫、購買、物流、会計、人事/給与などの企業内のあらゆる経営資源を

有効活用しようとの観点から、これらを企業全体で統合的に管理し、最適に配置・配分

することで効率的な経営活動を行うコンセプトがあって、「経営資源計画」と呼ばれる

ものがあります。

このコンセプトをもとにできたのが、ERPパッケージで、日常業務で発生するデータの

収集・一元管理を実現、共有して、経営の判断を迅速に行われるシステムになります。

もしかしたら、みなさんが使用しているシステムもERPパッケージで、入力したデータが

経営判断に使われているかも知れません。

ちなみに最近では、あまり出題されませんが、経営情報システムの問題として

頻出されてました、このERP。

私がこのERPパッケージを中心にシステム設計や運用・保守に携わっているので、

ちょっとここでパッケージソフトのことをUP。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】次は労働市場のケインズ派です。

古典派の次は、ケインズ派です。ケインズ派では、非自発的失業が発生します。

0421

古典派の捉え方と違い、名目賃金は柔軟に変化しないことが前提にあるからです。

名目賃金が下がらないということは、企業にとって、高いコストを払ってまで

労働者を雇わなくなり、需要も減ります。

現在の日本も、終身雇用があるのであまり売上をあげない人に対して高いコストを

払い続けているので、非自発的失業が発生することになるんです。

この捉え方、ケインズ派によるものなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

【中小企業診断士勉強中】労働市場に2つの派があります。

労働市場には、古典派とケインズ派の2つの派があります。それぞれの特徴を

みたいと思います。

まず古典派。

労働供給と労働需要が一致する点、すなわち労働市場が均衡している状態です。

これが「完全雇用」と呼ばれ、自発的失業を含むことになります。自発的失業は

その賃金で働かないことを選択し、発生する失業です。

0420_2   

なんと古典派では、労働者がその賃金で働く意思はあるのに、発生する失業、

非自発的失業がないんです。

それは名目賃金がうまいこと変化するので、需要と供給が必ず一致する捉え方をするからです。

古典派ってこんな捉え方だったですね。

ちなみに古典派と呼ばれるのは、ケインズ派が生まれる以前のことを指すそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

【システムエンジニア業】取り扱っているシステムもいろいろ

システムエンジニアのイメージを家を建てることにたとえると、少しは身近に感じてもらえたかな??

なんて思ってます。

家を建てることを例にしましたが、システムエンジニアって、いろいろなシステムを扱っているんですよ。

新築一戸建てのように、ユーザの完全オーダーメイドのシステム。

マンションなどのように、既に出来上がったシステム、パッケージシステム。

最近だと、住居費のみ払って家を建てる費用などを抑えられる賃貸のようにクラウドシステム。

システム業界って横文字が多くて、馴染みにくいところもありますが、こんなシステムを扱っています。

まだまだ他にもありそうですが。

どれも、ユーザの費用と要望によってどんなシステム形態にするかを決めたりするんです。

この提案をするのがシステム営業やコンサルタントと呼ばれる人たち。

ちなみに私はずっとパッケージソフトのシステムエンジニアとして、仕事をしています。

【システムエンジニア業】システムエンジニアって
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-97dd.html

【システムエンジニア業】システムを作った後も、エンジニアの仕事です。
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-6106.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】労働市場の労働供給

労働需要があれば、もちろん労働供給もあります。

労働供給は労働者からみた曲線で、もちろん賃金が高ければ労働者は供給することに

なるそうです。

20100419

経済学だと、労働供給は実質賃金の増加関数になるんですね。

でも、実際は、賃金が高い方は、どんどん働こうということにならないような気がしますが。。。

賃金は下がるけれど、供給量は変わらないとすると、曲線の傾きも以前よりは緩やかなのかな。
201004191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

【システムエンジニア業】システムを作った後も、エンジニアの仕事です。

おそらく、システムエンジニアっていうと、システムを作るまでが仕事と思われがち

かもしれませんが、システムを作ったあとも役割があるのです。

家 = システムで例えると

家も長く住んでいると、壁や内装を修復したり、今だとソーラー発電などの新しい設備を

追加したりすることがあります。システムも壊れたところを修復したり、新しい技術を使って

システムを修正したりします。

そんなとき、やはり、家 = システムを建てるまでに出てきたメンバーが必要になってくるわけ

です。新規に家を建てる場合よりも、人数など大規模になることはありませんが。

システムエンジニアの場合、壊れた部分をどのように修復したらよいか、また、新しい技術を

現在使用しているシステムにどのように追加していけば、いいかと設計します。

既に出来上がったシステムに影響がでないように、手を加えるわけですから、難しいメン

テナンスだったりするんです。

システム業界だと、新しいシステムを開発をするほうが、花形だったり見られますが、

システムユーザの資産であるシステムに手を加えて資産価値を維持したり、上げていく

メンテナンスのほうが結構重要で面白みもあるのかななんて思います。

ここまでシステムエンジニアの仕事、ざっくりですが、こんなイメージです。

システムエンジニアを少しでも身近に感じてもらえるとうれしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】賃金と労働需要の関係

会社勤めだと毎月の給料の額面金額は気になるものですよね。

経済学の労働市場では、額面上の賃金、「名目賃金」と賃金を物価水準で割ったものを

「実質賃金」と呼びます。実質賃金は、名目賃金W/物価水準Pで表すことができます。

私たちの感覚だと、額面上の名目賃金だけで給料が上がったとか、下がったとか見てしまいます。

実質賃金の変化をみると

名目賃金 10,000円
価格水準 10.000円
とすると、実質賃金は1。

名目賃金 10,000円
価格水準 11.000円

とすると、実質賃金は0.9。

額面上の名目賃金は同じでも、実質賃金は下がります。

そうすると、企業の労働需要は高まります。

労働需要は、名目賃金でなく、実質賃金で変化し、実質賃金の減少関数といえます。

0418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

【システムエンジニア業】システムエンジニアって

システムエンジニアのブログは何を書こうかぁ。

意外と分かりにくい、この職業、そういえば、親や知人にシステムエンジニアって

仕事に就いていると話しても、どうも分かってもらうことが少ない。

ならば、システムエンジニアのイメージだけでも書いてみようと。

難しい言葉だと伝わらないので、家=システムと置き換えてイメージを纏めました。

まずは、

家を建てたい人 = システムを使うユーザ

家を建てる人  = システム会社

そして家を建てる人にはいろんな人がいます。

モデルルームなどにいる営業 = これはシステムでも同じ、システム営業です。

次は家を建てるまでに携わるメンバーです。

現場と取りまとめる現場監督 = プロジェクトマネージャー。

家の設計図を書く設計者  = システムエンジニア

木材や部品を組み合わせて実際に家を建てる人=プログラマー。

20100417
          
たぶん、会社や国によってそれぞれの定義は違うようですが、だいたいのイメージです。

あとは、ベーシスやネットワークを構築する人もいます。

ここまでが家 = システムを建てるまでのメンバーです。

私はこの中では、システムエンジニアです。家 = システムを建てたあとのメンテナンスに

携わる人も書いてみようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】経済学のどこをブログに書いたかをおさらい

経済学の勉強をしていると、どこを勉強しているかみえなくなるってこと

ありませんか??

経済学に限らないかな。

なので、ちょっとどこを勉強していたかを大きな括りで

財市場と貨幣市場を勉強してきました。次は労働市場です。やっとここまできたか!って感じです。

20100223
あと基本の三面等価の原則も忘れずに。

20100309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

【中小企業診断士勉強中】IS-LM分析での金融政策の効果

金融政策では、日本銀行のマネーサプライで国民所得を調整します。

最近は、デフレ対応で日本銀行がたびたびでますね。でも、経済学を

学んでいくと、日本銀行だけの力では、デフレって解決しないような気もします。

日本銀行と政府のデフレに対する政策バランスが必要なのかと。

話はそれましたが、日本銀行がマネーサプライを増やすと貨幣市場のLM曲線が

右にシフトします。右にシフトするので、国民所得は上がり、利子率は低下します。

クラウディングアウトは発生しません、金融政策では。

20100415

金融政策でマネーを増やせばいいじゃんと思いますが、そう簡単にいかないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

【中小企業診断士勉強中】財政政策の効果をみると

財政政策を実行すると、クラウディングアウトが発生しまいます。

このクラウディングアウトはLM曲線とは関係ないのか?

そう、LM曲線の傾きと関係あるのです。

LM曲線の傾きが緩やかな場合、クラウディングアウトは小さく、

LM曲線の傾きが急な場合、クラウディングアウトは大きくなります。

そしてこのLM曲線の傾きは、貨幣需要の利子率弾力性や所得弾力性によって変化するものでした
よね。

あと、LM曲線には、「流動性のわな」がありました。この状態のときは財政政策は

非常に有効となるようです。

そうすると、現在の日本の利率はほぼゼロなので、財政政策は有効なのかも??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

【中小企業診断士勉強中】クラウディングアウトって!!

公共投資による政府支出により、国民所得が増加することをみてきたと思いますが、

IS-LM分析においては、クラウディングアウトというものが発生してしまうのです。

なんだかインパクトがある言葉ですよね。

20100414
政府支出による公共投資が実行されると、IS曲線は右にシフトし、国民所得も増加します。

でも曲線をみると、右にシフトすることにより、均衡状態でなくなります。すると、均衡するには、

利子率が上昇してしまうのです。利子率が上昇すると、投資をしなくなりますよね。

財政政策が利子率の上昇をまねいてしまい、投資を閉め出すことをクラウディングアウトといいます。

クラウディングアウトがあるから、うまく財政政策ってうまくいかないのかなーーなんて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

【中小企業診断士勉強中】IS曲線とLM曲線を組み合わせてみると。

財市場のIS曲線と貨幣市場のLM曲線を組み合わせると

20100413
そう、IS-LM分析のできあがりです。

この曲線が利子率と国民所得が均衡している状態です。

でも、このほかに労働市場がありました。

20100223

IS-LM分析で均衡状態でも、労働市場では均衡していないことが

考えられるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

【中小企業診断士勉強中】IS曲線も財政政策でシフトします。

以前、投資や政府支出が増加すると、国民所得も増加する仕組みがありました。

こちら。
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-5046.html

20100324

政府支出により、国民所得が増加するということは、IS曲線も右シフトすることになりますね。
また、減税の場合も同じ状態になります。

20100412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

【中小企業診断士勉強中】IS曲線を描いてみよう

利子率が低下すると、国民所得が増加し、逆に利子率が上がると、国民所得が減ります。

これは、国民所得は利子率の減少関数といえます。

そして、利子率と国民所得の関係をグラフにすると、IS曲線

20100411
このように右下がりのグラフになります。

シンプルなグラフで理解しやすいですよね。

このIS曲線も曲線部分が財市場の均衡状態を表していて、曲線以外の部分は

不均衡状態。

201004111

グラフの右側は、財市場の供給超過、左側は需要超過です。

不均衡状態を表す部分は、過去問にも出題されるのでおさえておくといいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【システムエンジニア業】本業もおろそかにしてはいけません。

こんなタイトルではじめたのは、お会いしたことはないけれど、ある方とメールでやり取りして

いて自分への気づきの言葉をいただきました。

今の本業で、専門性を磨きつづけることが資産となる

この言葉を聞いて、今の本業であるシステムエンジニアがおろそかになっている。。。。

中小企業診断士の勉強しているけど、現在本業で稼いでいるのは何か?、本業の専門性を

磨くことをおろそかにしても、今後の自分の姿にたどりつけることはできるの?と

ハッと気づきました。

自戒をこめて、【システムエンジニア業】の専門性を磨き続けることを決意したのでありました。

【システムエンジニア業】の日々もブログにもUPしようと思います。

ブログを訪れるみなさん、【システムエンジニア業】ってこんなことやって、考えてるんだって

ソフトに読んでいただけるとうれしいです。ただ、情報を取り扱いっている業種なので漠然とした

一般的なブログになるかもしれませんが、ご了承のほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

スキル棚卸しのススメ

いろんなブログやNewsを見ていると、ジョブレスリカバリー、雇用なき企業の業績回復など

といわれて厳しいな。。。と

そんなことを思いながら、

「仕事でなにをしてますか?」と聞かれたら、パッとクリアに回答できる人はどれだけいるでしょうか?

「XXXという会社に勤めて、XXXとシステム開発してます。」とこたえることはできるかもしれませんが、

「XXXという会社に勤めて」という部分をつけないといけない自分の状況を脱したいと。

毎年4月は、自分のスキル棚卸しと今年度、どういうスキルを身につけるか?実績を

つみあげるかを考えて、行動にうつすようにしてます。

私の場合、経営全体のことや組織など、少しでもつかんでおきたいので中小企業診断士

の資格取得を目指したり、TOEICスコアを上げる英語勉強などしてます。

もちろん、これは、会社での仕事にも多少リンクしてます。今まで積み上げたことも

大切で、資産として活かさない手はないですよね。

そして、

「仕事でなにをしてますか?」と聞かれたら、

社会を変えようと事業を起こそうとしている方、既にそのような事業をしている方のサポートしています

と答えるようになりたいと思ってます。

なぜ、中小企業診断士を目指しているか
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-9fed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】投資関数から45度分析をみてみる

「投資の限界効率」理論から利子率が低下すると投資が増加します。

投資が増加すると、45度分析の総需要関数も上方にシフト。

そして乗数効果により国民所得も増加します。

20100410
でも現実は、利率は低いけど、投資も盛んでなく国民所得が上がりません。

理論と現実はかなりかけ離れているのでしょうか。

それともいろんな要素がからみあうので、簡単な理論では説明しきれないだけかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

【中小企業診断士勉強中】財市場における利子率の変化を見る前に。

財市場における利子率の変化を見る前に、以下の式をとりあえず思いだして。

【中小企業診断士勉強中】関数グラフを組み合わせてみると、45度線分析
http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/45-81f9.html

総需要関数 D = cY + CO + I + G + X

この式の中の投資 Iに与える利子率をみたいと思います。

まず、「投資の限界効率」という言葉を。

これは、新たな投資をするたびに、追加的に得られる利益のことです。

たとえば、1,000万円投資すると、50万円の利益を追加で得られると、

投資の限界効率」は5%です。

この「投資の限界効率」と借り入れの利子率を考えると

借り入れ利子率が6%の場合、

投資の限界効率が5%だと損が出るので投資はやめることになります。

逆に投資の限界効率が7%だと利益が出るので投資を行うことになります。

そう、利子率が増加するほど、投資額は小さくなるので、投資は利子率の減少関数と

なります。

20100409

ここまでは理解しやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

【中小企業診断士勉強中】財市場を簡単におさらい

貨幣市場を学んだところで、財市場のおさらい。

3つの市場は、

20100223
でした。

そして45度線分析は、

20100408

総需要と総供給が一致する点が、「均衡国民所得」。この点は財市場が均衡している状態です。

そして、3面等価の原則でみると、生産と分配と支出のGDPが等しくなってます。

20100309_2

財市場、こうでしたよね、勉強する範囲が広いと自分がどの部分を学んでいるか、確認しておく必要ありですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

【中小企業診断士勉強中】弱点の経済学を!!

なぜ、経済学をブログで整理して、アウトプットしているかというと、

・試験としての得点に結びつかない。苦手な分野。

・でも、意外と経済学って楽しいかもって感じてます。

・勉強中なので、理解不足な部分もありますが、アウトプットを共有したい。

あとは財務・会計、特に投資評価もブログに更新していこうと考えてます。

この2つの分野、苦手な方多いですよね。。

ブログ更新だと、過去のブログを検索しずらいし、振り返ることができないので

他の方法でも共有したいなと考え中です。ブログ以外の共有方法が実行できそうなら、

告知します。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】金融政策とLM曲線のシフト

日銀の金融政策によってマネーサプライが決まり、貨幣供給も決まります。

たとえば、貨幣供給量が増えると、貨幣供給線は右にシフトしますが、利子率が

低下します。

201004071

同じ利子率を保つには、国民所得を増やす必要があります。

そうすると、利子率と国民所得の関係であるLM曲線も右にシフトします。

201004072

やはり、図にしたほうがイメージ化できて覚えやすいですね。

過去問でもこの応用が出題されるので、覚えておく必要ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】貨幣需要にも、性質というものがあります。

貨幣需要にも性質があるのです、利子率弾力性と所得弾力性です。

利子率弾力性は、利子率が1%変化したときに貨幣需要が何%変化するかを表す指標。

所得弾力性は、国民所得が1%変化したときに貨幣需要が何%変化するかを表す指標。

利子率弾力性が大きい場合や所得弾力性が小さい場合、LM曲線の傾きは緩やかに。

利子率弾力性が小さい場合や所得弾力性が大きい場合、LM曲線の傾きは急に。

この性質、過去問の選択肢の組み合わせとして出題されたことがあるので

おさえておくことが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

【中小企業診断士勉強中】LM曲線での需要超過と供給超過

そんなに頻度は多くないのですが、LM曲線で需要超過と供給超過の状態はどこで

あるか?過去問にも出題されたこともありますよ。

20100406

需要超過

LM曲線よりも下の部分です。利子率が低くなっている状態なので、貨幣の需要が

増えます。利子率はLM曲線上の利子率まで調整されます。

供給超過

LM曲線よりも上の部分です。利子率が高くくなっている状態なので、貨幣の需要が

減ります。利子率はLM曲線上の利子率まで調整されます。

ここでもやはり、利子率が重要な役割を果たしていることが分かりますね。

経済学を学ぶまでは、利子率なんて、おまけ程度ぐらいにしか考えていませんでした。

大学や今まで何も勉強しなかった自分がちょっと恥ずかしい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

【中小企業診断士勉強中】LM曲線を導き出してみよう

このLM曲線、国民所得と利子率の変化の関係を表したものです。

20100405

左図の貨幣需要が右側にシフトすると、利子率も上がり、均衡点も変化します。

右図では、横軸に国民所得と縦軸に利子率をとり、左図の国民所得と利子率の変化を

表し、LM曲線を導き出しています。

こうやって曲線を導きだすなんてすごいなって思います。でも経済学を学び者にとって

基本になるのでしっかりおさえる必要ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

【中小企業診断士勉強中】貨幣市場の均衡をみてみよう

20100404

貨幣供給は利子率に依存しないのでマネーサプライM。

貨幣需要は、流動性のわなでみたような曲線。

この曲線が交わる点で利子率が決まるのです。

日本銀行がマネーを市場に供給する量は、利子率の決定にとても

関係があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】桜咲く、といきたいところ

今週、花見に出かけたかたも多いのでは。

大学合格発表を思いだして、中小企業診断士も「桜咲くcherryblossom」といきたい

ところです。

中小企業診断士の教材選びのご参考になればと、纏めてみました。

pencilインプット(通勤講座)

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/tyushoinput.html

pencilアウトプット(TAC出版)

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/tyushooutput.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

オーディオプレーヤで英語のリスニングをあげよう 1ヶ月後の効果は??

「オーディオプレーヤで英語のリスニングをあげよう」で1ヶ月間トライしてみて

その効果は??

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-91ca.html

英語が分かるリスニング VOAスペシャルイングリッシュ

とても分かりやすく難解な単語もなく、中学レベルでも理解できます。

通勤30分ほど、聴いただけですが、「あーこのこといってるんだ」レベルまでは

上がったと思います。あくまで主観なのでどんくらい??分かるようになったの?

こまかく伝えきれないですが、中学、高校以来、英語なんてやってなかったけど、

春から英語を学びたいなーって思う方には最適の英語アイテムです。

CDとテキスト付きなのに安いので、お手軽なのでぜひトライしてみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】貨幣乗数はやっぱり図にしないと。

貨幣乗数を式で淡々と書いてばかりじゃ、分かりにくいと思い図にしてみました。

20100403

こんな感じです。日本銀行がお金を民間銀行に供給し、それを企業に貸し出す。

この循環がクルクル回転すると、貨幣乗数効果が出るはずなのです。

でも、民間銀行が企業へ貸し出しを減らしたり、企業間の取引が少ないと、この効果が

薄れることになります。

日本の現状をみると、貨幣乗数効果はあるのかというと疑問だなと思ってしまいますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

【中小企業診断士勉強中】マネーサプライとハイパワードマネーの式を組み合わせてみよう。

さっそく前回の続きです。

マネーサプライの式は、

M = C + D

M :マネーサプライ

C :現金

D :預金

そしてハイパワードマネーの式は、

H = C + R

H :ハイパワードマネー

C :現金

R :準備預金

マネーサプライの式に、(C + R)の部分をくっつけて。

M = (C + D) / (C + R) * (C + R

* (C + R)部分をH = C + Rに置き換えると、

M = (C + D) / (C + R) * H

この式から乗数を出したいので、

C + D) / (C + R) にD:預金で割ってみます。

C/D + D/D) / (C/D +R/D

これを「貨幣乗数」と呼びます。

この式は、ハイパワードマネーをコントロールすることによって、マネーサプライをコントロールできることに。

そして、

C/D:預金準備率、 R/D:法定準備率となります。

数式が苦手だと、1つ1つを解き明かす手間が必要ですよね、、。

忘れてしまわないかと心配ですが。

とりあえず、これが「貨幣乗数」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】ハイパワードマネー、なんだか協力な感じ

ハイパワードマネー、なんだか協力な感じがする名前ですが、現金通貨と準備預金の

ことです。

ハイパワードマネー、中央銀行である日本銀行がコントロールしてます。

ハイパワードマネーの量を通じて、市場のお金、貨幣供給量であるマネーサプライを

をある程度コントロールできるそうです。

経済学なのでまずは基本となる式

マネーサプライは現金と預金を合計したものなので

M = C + D

M :マネーサプライ

C :現金

D :預金

そしてハイパワードマネーは

H = C + R

H :ハイパワードマネー

C :現金

R :準備預金

経済学ではこれを組み合わせながら、貨幣乗数を導き出します。

ここまでは簡単なんですが、だんだん式が複雑になってくるので経済学ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

【中小企業診断士勉強中】ちょっと横道それますが、労働関係の法律

みなさんの会社でも、対応されていると思いますが、労働基準法が改正されました。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/12/tp1216-1.html

1ヶ月60ヶ月を超える時間外労働について、割り増し賃金が現行25%から50%以上に

引き上げなどです。企業にとってはコスト負担になるでしょうから、作業管理がもっと

厳格になりそうですね。

これをきっかけに作業管理だけでなく、いかに効率的に働くかの動きになればいいなと。

あと、この改正は2010年4月から施行なので、今年の中小企業診断士の試験に

出題されないかもしれませんが近いうちに出題されるのかな?と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】日本銀行が供給できる貨幣は?

貨幣市場における貨幣供給は、日本銀行によって行われますが、

それは、2つだけ。

日本銀行が発行する現金通貨と民間銀行が預け入れる準備預金です。

準備預金は、民間銀行が法定準備率とよばれる割合で日本銀行に預け入れることは

義務付けられているそうです。

日本銀行のホームページにQAとして掲載されてます。
http://www.boj.or.jp/oshiete/seisaku/02203001.htm

こうやって貨幣をコントロールしてるだなんて、勉強しないとわからないことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »