« 【中小企業診断士勉強中】3つの市場、経済全体から供給と需要をみることに。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ケインズ派の総供給曲線 »

2010年4月23日 (金)

【中小企業診断士勉強中】古典派の総供給曲線

古典派といえば、完全雇用が実現するものでした。

それは、物価が変化しても、それにあわして名目賃金も変化するからでした。

グラフは

0423
すごくシンプルな曲線になります。

古典派では、物価が変化しても、総供給曲線は変化しません。なので

こんな曲線になるのです。

古典派のほうが、いろいろな要素を考慮してないから、シンプルで受験生にとっては

いいかも。

|

« 【中小企業診断士勉強中】3つの市場、経済全体から供給と需要をみることに。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ケインズ派の総供給曲線 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48157801

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】古典派の総供給曲線:

« 【中小企業診断士勉強中】3つの市場、経済全体から供給と需要をみることに。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】ケインズ派の総供給曲線 »