« 【中小企業診断士勉強中】組織と戦略、どちらに従うか | トップページ | ブログ更新 »

2010年5月28日 (金)

【中小企業診断士勉強中】組織設計の5つの原則

組織を設計する上で5つの原則があるそうです。

早速、原則をみてみることに。

専門化の原則

仕事は購買、生産、営業、経理などのように分業することで業務効率が向上する

ということです。

なかなか組織全体を意識することはないですが、自分がやっている仕事の専門化を

高めて、仕事の効率をあげることが5つの原則に目的に一致するんですね。

権限・責任一致の原則

メンバーの権限と責任が一致しなければならないという原則。

新人に大きなプロジェクトを任せても、権限は小さいけど責任重大となりますよね。

統制権限の原則

これは1人の管理者の下に、適正な、コントロールが行き届く人数を配置しておく

という原則です。

あまりに人数が多いと管理者の負荷が高くなり、メンバーのコントロールが不十分に

なります。

意外と、人数が多すぎてコントロールが行き届かない管理者もみることはありますね。

命令一元化の原則

メンバーは1人の管理者から命令を受けるという原則です。

もし、複数の管理者から命令を受けると、メンバーは混乱をきたします。

メンバーとしては、誰からの命令を受け、仕事をするかを念頭に置くことも必要です。

例外の原則

原則には、例外がつきものなんでしょう。権限委譲の原則です。

管理者は、定型的な業務をメンバーに任しておいて、例外的な意思決定を下すこと

に専念することが重要だということです。

このような5つの原則があって、いかに分業をし、仕事を調整していくが重要と

なってきます。

|

« 【中小企業診断士勉強中】組織と戦略、どちらに従うか | トップページ | ブログ更新 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48476140

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】組織設計の5つの原則:

« 【中小企業診断士勉強中】組織と戦略、どちらに従うか | トップページ | ブログ更新 »