« 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済のいろいろな理論 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済学の投資の理論 »

2010年5月 7日 (金)

【中小企業診断士勉強中】消費理論の1つ、「恒常所得説」

「ライフスタイル仮説」では一生という長いスパンで消費を捉えていましたが、

「恒常所得仮説」では、所得を臨時と臨時以外に分類して捉えていく説になります。

一生を通じて均一に得られる所得=恒常所得とボーナスのように臨時で

得ることができる所得=変動所得に分けています。

「恒常所得仮説」では、臨時といっても必ず得ることができると限らない変動所得は

消費に影響なしと考え、恒常所得のみを考慮します。

「ライフスタイル仮説」と「恒常所得仮説」のいずれにしても、消費理論においては

均一に消費が行われることがベースにあるようです。

|

« 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済のいろいろな理論 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済学の投資の理論 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48292306

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】消費理論の1つ、「恒常所得説」:

« 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済のいろいろな理論 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済学の投資の理論 »