« 【中小企業診断士勉強中】いよいよ今年度の試験案内が開始 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】消費理論の1つ、「恒常所得説」 »

2010年5月 6日 (木)

【中小企業診断士勉強中】マクロ経済のいろいろな理論

マクロ経済学の基本を学んだところで、いろんな理論もみてみたいと

思います。ちょっと基本がどこまで理解できているか心配ですが。

以前、ケインズ型の消費関数がありました。おさらいすると

C = cY + CO

C:消費額、c:限界消費性向、Y:国民所得、CO:独立消費

でした。

実際には、独立消費かどうかの区別を長いスパンでは分からない、明確に

わかけることができないそうなんです。

なので、これらを説明するためにいろんな理論があるそうです。

まずは、「ライフサイクル仮説」。

名前通り、個人の消費は、一生の所得で決められるというもの。一定期間では

決められないということになります。

ある一定年齢までは、所得は増えますので消費も増えますが、定年後のことを

考えて所得も減るし、貯蓄をします。なので、一生の間の所得と消費を均一にして

今期の消費を決めるのが「ライフサイクル仮説」と呼ばれるものです。

この理論は、マクロ経済学の代表的な理論の1つなので覚えておいたほうが

いいですね。

|

« 【中小企業診断士勉強中】いよいよ今年度の試験案内が開始 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】消費理論の1つ、「恒常所得説」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48283529

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】マクロ経済のいろいろな理論:

« 【中小企業診断士勉強中】いよいよ今年度の試験案内が開始 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】消費理論の1つ、「恒常所得説」 »