« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

【システムエンジニア業】ワールドカップサッカーをみて感じたこと。

昨晩のワールドカップサッカーのパラグアイ戦、すごく感激したし、興奮しました。

日本に頑張って欲しい、勝って欲しい、世界でもっと戦って欲しいと。

といっても、普段はサッカーをみることはほとんどありませんが。

日韓両国で開催したワールドカップ以降、世界で戦える人材と環境が整ってきたスポーツだな

と感じました。私が知る限り、三浦和良さん、中田英寿さん、中村俊輔さん、今回は本田さんなど

中心となる人物や監督もいて、ワールドカップという世界を相手に一気にチームワークを

発揮できる、すごいことですね。

システム業界でいうと、世界で戦える組織やエンジニア(人材)は??、見たことがありません。

自分自身もシステムユーザが世界で生き残っていけるために?どうすればいいかと考えているけど

実際は目先のことで全体観がみえてないのが現状です。

この日本のサッカー戦い振りをみて、エンジニアとしての自分、頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【中小企業診断士勉強中】組織運営は時代に合わせて。

機能別組織、事業部制組織、マトリックス組織の組織形態がありました。

これらの組織形態は時代や戦略、ライフサイクルに合わせて形態を変えていく必要があります。

組織のライフスタイルには4つの段階で考えていきましょう。

起業者段階

まずは管理というよりも、起業家のリーダーシップにより組織を成長させるための戦略が

必要なときです。

共同体段階

起業家だけで、組織を管理できなくなる段階なので、権限委譲していきます。このとき

管理活動も整備する必要があります。

分社化段階

規則や手続きが整備され管理が整備される段階です。

しかし、規則や手続きを守ることが目的になってしまい、時代の変化に対応できなくなる

可能性があります。この段階では、組織を成長させるために、横の連携を強化し、

情報共有する仕組みを作ることが必要です。

精巧化段階

この段階では、組織の中の分業や調整のバランスを追求します。

組織がどの段階にあるのか見極めて組織形態も変えていき、更なる成長をしていくのが

組織運営上のポイントですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

【システムエンジニア業】転職活動で感じてること、本当にマネジメント力が必要か??

最近、転職活動している私ですが、「マネジメント経験」が不足しているという理由で

書類や面接に8割ぐらいで落ちています。

現状の日本のシステム業界の中では、以前ほど大規模案件は少なく、また、スクラッチ

でユーザ仕様にシステムを開発する案件も減ってきているので、本当にマネジメントできる

人材を必要としている?と疑問に思います。

それは、案件がさほど多くなければマネジメントできる人材も最低限揃っていればいい

ことだし、マネジメント力よりも、新たな仕組みでシステムを提案する力やシステムを

組み合わせていく発想を持つ人材のほうが必要なのでは?と感じているからです。

転職活動を通じて、あまりよい結果は出せてないですが、こんなことを感じながら

自分の仕事観が変化していくことが分かります。

普段の職場から得ることができない体験をしていることは確か。

でも、書類や面接で落ちると凹んでしまうのも確かですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【中小企業診断士勉強中】こんなインプット教材使ってます!!

中小企業診断士の勉強時間が、なかなか取れない方に電車や歩いているスキマ時間を

使って、耳から学習できる教材を紹介したいと思います。

『通勤講座』には音声ファイルとテキスト(PDF)がセットされて、オーディオプレーヤー

に入れておけば、重いテキストがなくてもどこでも学習できます。そしてPDFも

IPADやスマートフォーンなどにいれておけば、こちらもどこでも学習OKです。

実際に私も使っていて、重い教材を持つことなく、スキマ時間を利用できるので

重宝してます。

【企業経営理論】

1-AL 一括購入版【セット】(1企業経営理論:2010年度版)

1-S3 マーケティング【セット】(1企業経営理論:2010年度版)

1-S2 組織論【セット】(1企業経営理論:2010年度版)

1-S1 経営戦略論【セット】(1企業経営理論:2010年度版)

【財務・会計】

2-AL 一括購入版【セット】(2財務会計:2010年度版)

2-S3 ファイナンス理論【セット】(2財務会計:2010年度版)

2-S2 アカウンティング応用【セット】(2財務会計:2010年度版)

2-S1 アカウンティング基礎【セット】(2財務会計:2010年度版)

【運営管理】

3-AL 一括購入版【セット】(3運営管理:2010年度版)

3-S3 店舗・販売管理【セット】(3運営管理:2010年度版)

3-S2 生産管理後編【セット】(3運営管理:2010年度版)

3-S1 生産管理前編【セット】(3運営管理:2010年度版)

【経営情報システム】

4-AL 一括購入版【セット】(4経営情報システム:2010年度版)

4-S2 経営情報管理【セット】(4経営情報システム:2010年度版)

4-S1 情報システムの基礎技術【セット】(4経営情報システム:2010年度版)

【経済学・経済政策】

5-AL 一括購入版【セット】(5経済学・経済政策:2010年度版)

5-S2 マクロ経済学【セット】(5経済学・経済政策:2010年度版)

5-S1 ミクロ経済学【セット】(5経済学・経済政策:2010年度版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】マトリックス組織のメリットとデメリット

最後にマトリックス組織をみていきたいと思います。

機能別組織の専門性と事業部制組織の意思決定の早さのメリットを享受したのが

マトリックス組織です。

縦が生産や購買などの機能別組織で、横が事業部になります。

20100629

デメリットとしては、メンバーからみて機能別と事業部の上司が存在することにより

命令統一性の原則に反してます。

私はあまり、このマトリックス組織はみたことがないような気がします。

管理者も多くなり、コストも増えるからあまりこの組織形態を採用する会社は少ないの

かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

【システムエンジニア業】日本のエンジニアに英語は必須スキルになるかも。

最近、ユニクロが社内公用語を英語とする記事をみて、英語は必須になることが

いよいよ身近になってきたんだなと感じます。

エンジニアも日本のユーザだから、日本語だけでOKなんて悠長なことは言ってられず、

ドキュメントやメールはすべて英語になるかもしれません。

「日本語しかできない社員しかおりません」なんて言ってたら、システム業界でのビジネスチャンスを

見逃すことに。日本語という参入障壁もだんだん崩れてくるんですね。

英語ができないばかりに、仕事のチャンスを見逃すなんてもったいないです。今までの経験や実績も

活かすことができないことになるかもしれません。

ネイティブでなくても、ビジネスツールとしての英語、まずは英語のドキュメントが読めることや

メールで仕様確認や依頼などが書けるところまで必須スキルとして身につけることが必須と思います。

私の英語スキルは、TOEICでいうと420点前後。1年後に550点を取れたらいいなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】カンパニー制のメリットとデメリット

カンパニー制といったら、独立した事業部だけど、事業部制組織とどこが

違うのか、意外と周りやその上司も明確に答えてくれることは少ないのでは?

私も中小企業診断士の勉強で、初めて知りました、2つの組織形態の違い。

カンパニー制は事業部の発展形で、利益だけでなく投資に責任を持つ組織だと

いうことが事業部制と大きな違いです。つまり、損益計算書だけでなく貸借対照表の

数字にも責任があるということです

投資にも大きな権限をもっているので、意思決定が早くなることがメリットです。

カンパニー制のトップは、プレジデントとも呼ばれ、起業家精神を高めることも

経営者育成の観点かもメリットがあります。

デメリットとしては、独立性が高いため、カンパニー間の連携が難しくなってしまう点が

挙げられます。

自分が所属している会社で、事業部制やカンパニー制に組織形態を変えることは

利益や投資に対する権限が変更になるので、結構インパクトがあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

【システムエンジニア業】日本のエンジニアの姿を変えたい人たち

システム業界、大企業を中心に小規模ながらも日本のシステム業界を変えたい、

エンジニアの姿を変えたい人たち、そんな人たちに熱い声を聞くと「もっと

エンジニアとして、プロとして頑張ろう」と。

ちょっと熱く語りすぎて、いろいろなコメントがありますが、お気に入りの一冊

「生き残るSE 」

エンジニアならば、日本のマーケットにしがみついているだけでは、世界のエンジニアと

戦ってはいけない。などすごく熱く語ってくれてます。

システム業界、他の業界の方も、暑い日にこの手の本を読んでみては!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

【中小企業診断士勉強中】事業部制組織のメリットとデメリット

機能別組織では、専門性を追求し、業務効率化が図ることができますが

事業部制組織ではどのようなメリットやデメリットがあるかみたいと

思います。

事業部制組織とは、どのような組織形態かというと、事業部が事業単位の利益に

対して責任を負うことになります。また、事業部の裁量で事業を経営するということも

ありますね。

事業部を製品別、地域別、顧客別など会社によってどのように事業を分けるかは様々です。

私の会社では、顧客別に分けているようです。みなさんの会社ではどのように事業を分けているか

どのように利益に対して責任を持っていこうとしているのか組織の内容で確認できるかと

おもいます。

20100625

事業部制組織のメリットとデメリットを確認すると、

メリット:

事業部単位でスピード感をもって、意思決定できることや会社トップの負担を軽減することにあります。

また、事業部長は、自分の裁量で事業を経営するため、教育や人材育成できます。

デメリット:

事業部毎に営業や生産などの機能をもつため、それらの機能が同じ会社で重複してしまうことです。

機能別組織よりも非効率となります。また、権限委譲されるため、短期的な利益に

こだわり、長期的な視野での経営ができなくなるデメリットもあります。

もし、自分の組織が事業部制だとしたら、事業部長が経営視点で事業を運営

できているか、その中で自分がどのような役割を果たしていくかを再確認してみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

【システムエンジニア業】脱ゼネコンできたら。。

システム業界が一次請けから二次、三次・・・請けの業界構造で、一次請けの会社の一人勝ちであることは

は昨日のブログで書きました。

転職活動をしていると、比較的小さい会社では、2つのパターンに分かれているようです。

エンジニア若しくはコンサルタントとして、生き残れるようなスキルや業務知識を目指す会社と

ゼネコン体質のシステム業界を変えて、新たな成長モデルを目指す会社。

脱ゼネコンなんて、大きな一次請けの会社が言うことはなく、これからシステム業界で成長することを

目標にしている100人未満の会社に、脱ゼネコンを掲げることが多いです。

そこそこの経験やスキルしかなく、一次請けがメインでない会社に勤めている私にとって、まず一次請けの

会社に入社する可能性は結構低いですのが現実です。

じゃぁ、小さいけれど、脱ゼネコン体質を変えることができたら、エンジニアとしての一発逆転もありかな

なんて思ってたりします。

周りのエンジニアで転職を考えていたら、どんな道を選ぶのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】機能別組織のメリットとデメリット

組織に様々な形態がありますが、その特徴とメリットとデメリットを

理解したいと思います。

こんな組織図はご覧になると、ありますよね。

20100624

機能別組織と呼ばれる形態で、購買や生産、販売を機能ごとに分業する組織形態です。

おもにライン部門を中心に活動することになりますが、スタッフ部門も管理者負担を

軽減するために必要です。

機能別組織のメリットとデメリットを確認すると、

メリット:

購買、生産、販売に分業化されているので、専門性を追求できます。そして、業務を

集中できるので規模の経済性や経験曲線効果を発揮して業務効率化を図ることができます。

中小企業にこのような形態が多いのは、専門性を追求し、業務効率化することにより、

大企業や他社との競争に勝つことができないからですね。

デメリット:

扱う製品が多くなると、管理者の負担が大きくなってしまい、統制が困難になってきます。

また横との連携がうまくとれなくなります。

利益責任も各部では曖昧になりがちです。

自分の会社だけでなく、ホームページなどでどのような組織形態をとっているのかご覧に

なることも面白いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

【システムエンジニア業】転職活動してわかること。

システム業界では、他の業界よりも割と転職が多いのではないかと思います。

私自身もいろいろな会社をみてみたいと思い転活中です。

私や他の転職したいと思っている人の転職理由もさまざま。

ポジティブな理由では、最新の技術や業務知識を身につけたいとか、

キャリアアップ(システムエンジニアからコンサルタントやプロジェクトマネージャーへ

キャリアを伸ばしたい)

ネガティブな理由では、ゼネコン的な業界が嫌で、下請けから第一次請けの会社に

うつりたいとか、残業が多く、体力がもたないからもっと楽な会社に入りたいとか、

いろいろです。

ネガティブな理由は日本特有のものかななんて思います。

いつまでたっても、一次請けから二次、三次・・・請けの業界構造だと、一次請けの会社

の一人勝ちで小さい会社でも技術があっても、結局、世の中に出ていくには大きな会社

や一次請けの会社に頼らないと生き残れませんし、私もいろんな会社と仕事をさせて

もらってますが、一次請けの会社の力は大きく、とても二次や三次・・・請けは太刀打ち

できない状態なんです。

転職活動においても、スキルや経験値が足りないのかもしれませんが、第一次請けで

働いたことがないので書類選考すら、通過しないケースもあるようです。

誰かが作ってしまったシステム業界の一次請けから二次、三次・・・請けの構造、これが

無くなれば、もっとシステム業界で働く人も、つらくてしんどくても、自分や自分の会社が

主役になれて競争力もついていくんじゃないかな。。って思ったりします。

転職活動すると、いろいろな会社をみることがあり、意外と面白いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】組織の形態 ラインそれともスタッフ

組織の中にラインという言葉を聞いたことありますか?

スタッフはよく耳にすると思います。

もしかしたら、経営を見渡す管理者ならば、ラインという言葉を意識しているかも

しれません。

中小企業診断士で学ぶ組織形態の基本用語として、ラインとスタッフがあります。

ラインは、経営の主活動を表す職能です。たとえば、生産や販売など。

このライン組織は、トップからの命令により、メンバーが統一的に動きます。これは

命令一元化の原則が強く出る組織形態ですね。

命令一元化の原則

メンバーは1人の管理者から命令を受けるという原則です。

もし、複数の管理者から命令を受けると、メンバーは混乱をきたします。

メンバーとしては、誰からの命令を受け、仕事をするかを念頭に置くことも必要です。

スタッフは、ラインを支援する職能です。経営企画など管理者を支援します。

ラインが存在して、スタッフ組織も存在する意味があるので、ライン・アンド・スタッフ組織

の形態を取ることが多いです。

ライン組織にスタッフ組織をつけることにより、ライン管理者の負担を軽くし、専門的なアドバイスを

役立てることができます。ほとんどの会社は、ライン・アンド・スタッフ組織だと思います。

この中で、自分がラインなのか、スタッフなのかを確認することで、組織における役割も

クリアになるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ更新を復活しました。

ようやく新しい環境にも慣れてきたので、ブログ更新も復活できました。

今年、諸事情があって受験を取り下げた中小企業診断士の勉強も再開です。

あとシステムエンジニアとしての自分の仕事への価値観や生活もブログに取り上げたいと

思います。

今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

早くブログ更新

まだ、新しい環境での生活が落ち着かないので、

完全なブログ復活には、少し時間がかりそうです。

しばらくブログ更新までしばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ブログ更新

新しい生活環境への準備のため、しばらくブログ更新が不定期になりそうです。

6月中旬を目処に日々のブログ更新に復活したいと思います。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »