« ブログ更新を復活しました。 | トップページ | 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 »

2010年6月23日 (水)

【中小企業診断士勉強中】組織の形態 ラインそれともスタッフ

組織の中にラインという言葉を聞いたことありますか?

スタッフはよく耳にすると思います。

もしかしたら、経営を見渡す管理者ならば、ラインという言葉を意識しているかも

しれません。

中小企業診断士で学ぶ組織形態の基本用語として、ラインとスタッフがあります。

ラインは、経営の主活動を表す職能です。たとえば、生産や販売など。

このライン組織は、トップからの命令により、メンバーが統一的に動きます。これは

命令一元化の原則が強く出る組織形態ですね。

命令一元化の原則

メンバーは1人の管理者から命令を受けるという原則です。

もし、複数の管理者から命令を受けると、メンバーは混乱をきたします。

メンバーとしては、誰からの命令を受け、仕事をするかを念頭に置くことも必要です。

スタッフは、ラインを支援する職能です。経営企画など管理者を支援します。

ラインが存在して、スタッフ組織も存在する意味があるので、ライン・アンド・スタッフ組織

の形態を取ることが多いです。

ライン組織にスタッフ組織をつけることにより、ライン管理者の負担を軽くし、専門的なアドバイスを

役立てることができます。ほとんどの会社は、ライン・アンド・スタッフ組織だと思います。

この中で、自分がラインなのか、スタッフなのかを確認することで、組織における役割も

クリアになるのではないでしょうか?

|

« ブログ更新を復活しました。 | トップページ | 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48703299

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】組織の形態 ラインそれともスタッフ:

« ブログ更新を復活しました。 | トップページ | 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 »