« 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 | トップページ | 【システムエンジニア業】脱ゼネコンできたら。。 »

2010年6月24日 (木)

【中小企業診断士勉強中】機能別組織のメリットとデメリット

組織に様々な形態がありますが、その特徴とメリットとデメリットを

理解したいと思います。

こんな組織図はご覧になると、ありますよね。

20100624

機能別組織と呼ばれる形態で、購買や生産、販売を機能ごとに分業する組織形態です。

おもにライン部門を中心に活動することになりますが、スタッフ部門も管理者負担を

軽減するために必要です。

機能別組織のメリットとデメリットを確認すると、

メリット:

購買、生産、販売に分業化されているので、専門性を追求できます。そして、業務を

集中できるので規模の経済性や経験曲線効果を発揮して業務効率化を図ることができます。

中小企業にこのような形態が多いのは、専門性を追求し、業務効率化することにより、

大企業や他社との競争に勝つことができないからですね。

デメリット:

扱う製品が多くなると、管理者の負担が大きくなってしまい、統制が困難になってきます。

また横との連携がうまくとれなくなります。

利益責任も各部では曖昧になりがちです。

自分の会社だけでなく、ホームページなどでどのような組織形態をとっているのかご覧に

なることも面白いかもしれませんね。

|

« 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 | トップページ | 【システムエンジニア業】脱ゼネコンできたら。。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48707775

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】機能別組織のメリットとデメリット:

« 【システムエンジニア業】転職活動してわかること。 | トップページ | 【システムエンジニア業】脱ゼネコンできたら。。 »