« 英語力UPへの道 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】集団の行動特性について知ってみる »

2010年7月27日 (火)

【中小企業診断士勉強中】強い組織文化を持つこと

日々、組織の中で働いていると自分の属している組織がどんな文化を持っているか

ふと考えたことはあるでしょうか?強い組織文化を持っていることは、優れた企業と

言われたりすることがあります。世界の人脈と情報を持つ商社やトヨタなどに代表される

自動車メーカーなど。

中小企業診断士の資格勉強する上で、組織文化の定義をみていきたいと思います。

組織文化とは、

組織メンバーの間で共有された価値や理念、あるいは習慣となった行動パターン」と

定義されます。この組織文化は組織メンバーの行動に大きな影響を与え、戦略の実行性

を大きく左右します。

そして、組織文化をマネジメントしていくために、組織開発や組織変革と呼ばれる手法

が生み出されました。

組織開発とは、

環境変化に対応し、組織を計画的に変革し組織を活性化することで、変革推進者支援のもと、

コンサルティングや教育訓練を組み合わせていきます。

現在のように、環境がどんどん変化していく社会では、組織に根付いた強い文化を持つことが

生き残る要素の1つだと思います。

|

« 英語力UPへの道 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】集団の行動特性について知ってみる »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/48991511

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】強い組織文化を持つこと:

« 英語力UPへの道 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】集団の行動特性について知ってみる »