« 【システムエンジニア業】トップセールスマンの目線に学ぶ | トップページ | 英語の子音のまとめ »

2010年8月30日 (月)

【中小企業診断士勉強中】企業にとって大切な人材育成

企業にとって人材は経営資源であり、とても大切です。そして、その人材を育成していくことも

重要ですね。人材育成には能力開発があります。

まず思い浮かべるのが、OJT(On the Job Trainng)です。これは実際の仕事をしながら、

先輩や上司が指導することにより実務能力を高めます。基本的に先輩や上司が直接指導するので、

実務能力を身につけやすく、研修などのコストもあまりかからないことがメリットです。

ただし、上司や先輩の教育レベルに依存するので、教育の成果レベルが

バラバラになる可能性があります。それを補うものとして、Off‐JTがあります。これは集団で

行う研修です。Off‐JTでは、幅広く体系的な知識を習得できます。しかし、コストがかかる、

実務には向かないなどのデメリットもあります。従い、Off‐JTで幅広い知識を学び、OJTで実務能力を

組み合わせる能力開発が必要となります。また、長期的なキャリアを設計することも重要となってきます。

これで人的資源管理は終わりです。聞きなれた言葉が多かったので、取り組みやすかったですね。

|

« 【システムエンジニア業】トップセールスマンの目線に学ぶ | トップページ | 英語の子音のまとめ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49298131

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】企業にとって大切な人材育成:

« 【システムエンジニア業】トップセールスマンの目線に学ぶ | トップページ | 英語の子音のまとめ »