« 【中小企業診断士勉強中】人事評価の1つ目標管理制度 | トップページ | 英語の母音のまとめ »

2010年8月18日 (水)

【中小企業診断士勉強中】コンピテンシー評価についてみてみよう

コンピテンシー評価の制度、中小企業診断士の勉強で初めて知りました。

高い業績を上げるための行動特性を分析し、その行動特性を基準にして

人事評価を行うものです。行動特性をコンピテンシーと呼びそうです。

どのように行動特性を分析するかというと、高い業績を上げている営業担当を

サンプルとして抽出して、「どのように営業交渉をしているか?」「どのように

マーケティングしているか?」など採点して評価します。

この評価を基準に「なぜ成果があがっていないのか」をクリアにすることが

できます。

このように行動特性を全社で蓄積して、人事評価に加えて、採用・配置・能力開発に

役立てることができます。

成果主義、目標管理制度、コンピテンシー評価の人事評価をみてきましたが、終身雇用が

一般的な時代が終わり、競争環境が激しくなってきたことや労働者の働き方の多様化などが

人事評価のあり方を変えたのではないかと思います。

|

« 【中小企業診断士勉強中】人事評価の1つ目標管理制度 | トップページ | 英語の母音のまとめ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49183004

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】コンピテンシー評価についてみてみよう:

« 【中小企業診断士勉強中】人事評価の1つ目標管理制度 | トップページ | 英語の母音のまとめ »