« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

【中小企業診断士勉強中】マーケティングコンセプトの変遷について

マーケティングにも歴史があって、時代に応じたコンセプトがありました。

どのようなコンセプトを辿ってきたか、みていきたいと思います。

生産志向

物が不足しており、作れば作るほど売れる時代です。需要が生産を上回っており

生産効率を向上させることが重要な時代でもありました。

製品志向

物がだんだんと満たされてきている時代です。ただ、作ればよいのではなく、物を

改良して顧客に買ってもらおうとした時代でもありました。ただし、顧客のニーズでなく

生産者側の視点で物は作られていました。

販売志向

在庫を抱えるようになり、如何に物を売っていくかが重要視された時代です。生産ではなく

販売にテーマが置かれていました。

顧客志向(マーケティング志向

顧客のニーズを探り、顧客満足を満たす製品を提供していこうという考え方です。現在のように

物があふれて成熟した社会では、顧客ニーズから入る顧客志向が主流です。

社会志向

社会全体に対する責任や貢献を果たしていこうという考え方です。

企業も社会の一員として、企業の利益と、顧客満足、および社会の利益を調和させていくのが

社会志向です。

このように生産志向、製品志向、販売志向、顧客志向、社会志向へとマーケティングコンセプトは

変遷していっており、それぞれの特徴を押さえておくことが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

【中小企業診断士勉強中】マーケティングを学ぼう

マーケティングと言えば、アンケートなどから顧客の趣向をリサーチしたり、商品開発の

元なる情報など思い浮かべると思います。

マーケティングの定義を確認すると、

顧客に対して価値を創造し、コミュニケーションを行い、価値を届けるための一連の

プロセスであり、さらに、組織とステークホルダーの両者が利益を得る方法で、顧客

関係を管理するための一連のプロセスである。」

とあります。「価値の創造と交換」、「双方の利益」、「企業側にとっては、売れる仕組み

作り」がポイントになるのかと思います。

似たような言葉に「セリング」がありますが、商品があって、営業活動があり販売すること

ですね。マーケティングは顧客のニーズを分析して、商品を作りだし、顧客が満足いくよう

な交換プロセスを実現することにあります。

ここでは、マーケティングの定義のポイントを押さえてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

Kindle購入しました。

Kindleを購入しました。

購入目的は、やはり英語を学ぶことと日本以外のメディア情報に触れたい好奇心です。

感想は

・軽い。

・紙の本よりも、片手でページ送りしやすい。持ちやすい。

・活字が目にシックリくる。これは実際に経験しないと分かりませんが、こんなに

紙よりも見やすいとは思いませんでした、驚きです。

・いつでもアマゾンにアクセスできる。3GやWi-Fiが無料で使える。

なので、本がもっと身近に。あとは英語が身近にも。happy01

などです。もっと早く購入しておけばよかった。円高なので少々お得ですよ。

こちらのサイトにKindle購入方法や機能が紹介されているのでご参考に

http://www.yoshodego.com/amazoncomkindle2dx.html

英語勉強用に新聞を試しに選んでみました。14日間はフリーです。他にも

いろいろあるのでいろいろ試してみたいですね。

英語力UPへの道 2010/9/23追加

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/englishup.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】労働関連法規いろいろ

労働基準法、労働組合法、労働安全衛生法の他にもいろいろ労働関連法規が

あります。

高年齢者雇用安定法

高年齢者の雇用の確保を目的としています。企業は定年の65 歳までの段階的引き上げ、

継続雇用制度の導入、定年の廃止のいずれかを行わなければなりません。

男女雇用機会均等法

雇用における男女の均等な機会や、待遇の確保を目的としています。

この法律では、採用だけでなく、配置や昇進、教育、福利厚生、退職について

性別を理由とした差別的取り扱いを禁止しています。

労働者派遣法

派遣事業の適正化や、派遣労働者の就業条件の整備、雇用の安定などを目的としています。

派遣労働者の保護などのため、派遣事業を行ってはならない業務を定めたり、派遣の上限

期間(3年。ただし、専門業務は無期限)、派遣事業形態(一般労働者派遣事業、特定労働者派遣事業、

紹介予定派遣)などがあります。

職業安定法

職業紹介機関により、労働者に就業機会を与えて、産業に必要な労働力を与えることが目的としています。

おそらく、聞いたことのある法律ばかりですが、その特徴や目的を押さえておくことが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

【中小企業診断士勉強中】労働保険の労災保険と雇用保険

労働保険の労災保険雇用保険についてみていきたいと思います。

保険といえば、まず思い浮かぶのが民間の生命保険ですが、法律でも

労働者の保障を目的としているものがあります。

まずは、

業務上で災害が発生したときの保障である労災保険。これは労働者災害保険法で

定められています。

労災保険は、労働者1人(パートやアルバイト含む))でも雇用していれば、加入義務が発生します。

保険料は事業主が政府に支払います。

労災保険で保障している災害は2つあり、

業務災害:業務が原因となった負傷や疾病、障害、死亡を表します。

通勤災害:通勤中の災害です。ただし、労災保険が支給されるのは、住居と就業場所の

              間を合理的な経路および方法で移動した場合だけです。

次に雇用保険。もしもの失業の時の保障です。これは雇用保険法で、失業中の生活の

安定や再就職の促進、失業の予防や雇用の促進など、労働者の雇用や生活の安定を

目的としています。今では、とても重要な保険ですよね。

この保険も労働者1人(パートやアルバイト含む))でも雇用していれば、加入義務が発生します。

給付にもいくつか種類があり、

求職者給付:失業保険のことで、失業した際に支給される保険です。その名の通り、

                 再就職することを目的に支給されます。

就職促進給付:再就職した際に給付され、厚生労働大臣が認める教育訓練を受講し

                    終了した場合に支給されます。

雇用継続給付:高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付の3 種類があります。

このように法律で労働者の保障が行われており、もしもの時の備えができているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

【中小企業診断士勉強中】労働安全衛生法についてみてみよう

労働に関する法律は、労働基準法だけでなく、労働災害を防止し、労働者の安全と

健康の確保、快適な環境作りを促進する法律である労働安全衛生法があります。

この法律では、一定規模以上の事業場では、安全衛生管理の体制を作ることを義務と

しています。

労働安全衛生管理の体制はどのようになっているのでしょうか?

20100921

このように事業内容や規模によって義務の発生が生じます。

また、このほかに事業者は労働者について年一回の健康診断を行う必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

【中小企業診断士勉強中】合格した方の勉強法を参考に。

『過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法』

これから中小企業診断士を勉強し始める方、再チャレンジする方に参考になると思う本です。

勉強というと、まず、テキストを読んで過去問を解くのが一般的なはず。

でも、ちょっと考え方を変えて、著者は過去問を最大限に利用して、3つの手順を意識することでもっと

限られた時間で効率的に勉強してみようと提案しています。

・中小企業診断士に求められる知識や能力の把握

・自分がどの程度までその知識や能力があるか

・そして不足部分を補う作業に着手

当たり前のように聞こえるけど、勉強し始めると意外と忘れてしまうもの。

来年の試験までは、ちょっと時間はあるので一読してみては。

そうそう、科目別の勉強法もそれぞれの特徴が書いてあり参考になりましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】労働組合と労働協約

労働組合は、労働者が団結することによって使用者との労働条件の交渉を行う組織です。

この労働組合で交渉した結果は、労働協約、合意した労働条件を纏めたものになります。

使用者が作成した就業規則にも労働条件も纏めていますが、労働協約で合意した内容が

優先されることになるのです。

労働協約と労使協約は別ものなので、それぞれをしっかり区別できるようにする必要がありますね。

※労使協約

労働基準法では、原則、法定労働時間外の労働を禁止してます。ただし、あらかじめ労使協定(36協定)を結び、

労働基準監督署長に届ければ、労働時間の延長や休日の労働が可能。

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-3920.html

付け加えると、労使協約は、労働基準法に違反しない為に免罰効果を持ち、労働条件は労働協約や就業規則に

明記することにより、労働者への義務として発生させることが可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

【中小企業診断士勉強中】使用者による不当労働行為とは。

不当労働行為も、あまり聞き慣れない言葉です。

不当労働行為は以下のような場合が該当します。

労働組合を組織することへの妨害

 黄犬契約
 
 労働者が労働組合に加入しないことや脱退することを雇用の条件にすること

 支配介入
 
 労働組合の結成や運営に対して、使用者が支配したり介入すること

 団体交渉拒否
 
 使用者が正当な理由がなく団体交渉を拒否すること
 
 経費援助

 経費を援助することによって、労働組合の自主性を損なおうとすること

労働組合員に対して不当な扱い

 これは、労働者が労働組合に加入したり活動をしたことを理由に、
 
 解雇や減給などの不当な取り扱いをすることです。

これらの行為は禁止されています。もし、この行為を行ったら、労働組合は

労使委員会に申し立てて、救済を求めることができます。

労働組合の運営をする機会は少ないと思いますので、このような不当労働行為を意識することは

ありませんが、労働組合法によって労働組合を支援することができているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

【中小企業診断士勉強中】労働組合法をみてみよう。

労働組合、聞きなれた言葉ですが、どのような組織でしょうか?

労働者が労働条件の改善などを目的に自主的に組織する団体、それが

労働組合です。この労働組合の支援を定めた法律が労働組合法です。

労働組合法は、労働者が使用者との交渉で対等の立場に立つことを促進し、

労働者の地位を向上させ、労働者が労働組合を組織して団結し団体交渉

することを支援するのを目的とした法律です。

この労働組合法は、労働三権である団結権、団体交渉権、団体行動権に

基づいてます。

労働三権の内容は、

団結権:勤労者が使用者と対等の立場に立って、労働条件などについて

交渉するために労働組合をつくる権利、また労働組合に加入する権利。

団体交渉権:使用者と交渉し、協約を締結する権利

団体行動権:団体交渉において使用者に要求を認めさせるため、団結して

就労を放棄する権利。ストライキのことですね。

このような法律のもと、労働者自身の労働条件の改善ができるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

英文メールを作成するときに役立つ文法本の紹介です。

中学若しくは高校初めぐらいの文法は分かるかなーって感じてる方に

「Re-Start」はお勧めです。

中学若しくは高校初めぐらいの文法は分かるかなーって感じてる方に

「Re-Start」はお勧めです。

下記、英語力UPへの道の2010/09/13以降に追記したので、よければご参考に。

http://hideqingtao.cocolog-nifty.com/blog/englishup.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】賃金支払いの5原則

労働基準法では、賃金の支払方法に5原則を設けています。

・通貨支払の原則

・直接払いの原則

・全額支払いの原則

・毎月一回払いの原則

・一定期日払いの原則

以上の5つです。当たり前のようにもらっている給料、労働基準法によって

労働者の保護が守られているのですね。

次は割増賃金についてです。

労働基準法の改正が行われ、平成22年4月1日に施行されました。

労働人口が減少し、長時間労働や健康上の問題が増加したことによりこの改正が

行われました。

改正のポイント

時間外労働の割増賃金率の引き上げ
 
 ⇒1ヶ月60ヶ月を超える時間外労働については、現行の25%から50%に引き上げ

 ⇒1ヶ月60ヶ月を超える労働者に対して、割増賃金の支払いに代えて有給休暇を付与

※労使協定の締結が必要。

年次有給休暇が時間単位で取得可能

 現行では、有給休暇は1日単位でしたが、1年に5日までは1時間単位での取得が可能。

ここまで労働者が保護されてますが、ちょっと企業の競争力が落ちてしまうのではないかと

心配だなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

【中小企業診断士勉強中】ムヤミな解雇はできません。

労働基準法では、労働者の保護を目的としていますので、解雇についても

制限を設けています。

解雇の制限は次の通りです。

制限の対象

・業務上の疾病や負傷のための休業期間

・休業が終了したあとの30日間

・産休期間

これらの期間に使用者は解雇することはできません。

また使用者が解雇を予告するには以下のことが設けられています。

・少なくとも30日前に労働者に予告すること若しくは30日分以上の賃金を支払うこと

また合理的な理由がない場合には解雇できません。

例外として、天変地異などやむをえない事情で事業継続ができない場合や労働者の責がある

場合は解雇予告は必要ないのです。

例外はあるとしても、基本的には使用者はムヤミな解雇はできないことになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

【システムエンジニア業】専門知識を持つものの心得

専門知識を持つものの心得」が必要だなと感じた出来事があり、ちょっとここで紹介したいと思います。

システムエンジニアはご存知の通り、システムに精通し、その分野の専門知識を持っています。

他の職種でも、同じですよね。

某日に生命保険の見直し相談を受けたときのことです。

頼りがいありそうなファイナンシャルプランナーの方が対応してくれて、生命保険の仕組みを

丁寧に教えて頂きました。それでも、生命保険というといろんな保障や貯蓄機能が

パッケージになって複雑で、何度聞いても理解しがたいものです。

相談時間の半分が過ぎ、ある保険の紹介を受けた時点で、ちょっと理解不足な部分が

でてきて、混乱していました。

こんなとき、圧倒的に知識が豊富な方がフォローしてくれるものだと思っていたのですが、

「○さん、さっき教えてましたよね」的なことを言ってきたので、混乱に加えて焦りも出てきて

結局、そのことが気になり相談時間の後半はほとんど覚えていません。

この出来事で分かったことは、ユーザにサービスを提供するシステムエンジニアも

その分野で圧倒的な情報を持っているので、どの点が不明だったのか、他のアプローチで

伝えることができないか等、対応させていただくことが必要だなと感じました。

ファイナンシャルプランナーの事例だと、知識が少ないユーザに落ち度があるような

対応になってしまうなと。

専門知識を持つものの心得」を考えさせれらる貴重な出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中小企業診断士勉強中】年次有給休暇についてみてみよう

年次有給休暇を使って、家族へのサービスや趣味、病欠なので休日以外に

休んでいますよね。

年次有給休暇は、雇い入れの日から6ヶ月間継続して勤務して、労働日の8割以上を出勤した

労働者に対して、有給休暇を与える義務となっています。

*労働日の8割:業務上の負傷・疾病による休業や、産休、育児休業や介護休業、年次有給休暇を

消化した日を労働した日とみなして計算。

年次有給休暇でおさえておきたい項目

・付与日数:継続勤務が6ヶ月のときに10日。その後、勤続年数が増えるごとに付与する有給休暇の

日数が増えていきます。

・付与方法:原則、労働者が請求した時季。但し、時季変更権を行使して、事業運営を円滑に進める為に
 
使用者が時季を変更することは可能です。

・その他付与:労働時間の少ないパートなど、労働日数に比例した日数の有給休暇の付与。これを比例付与と

いいます。

有給休暇のうち、5日を超える部分について、使用者が時季を変えることができる計画付与があります。

・時効:2年間

会社の就業規則と照らし合わせて、自分の会社がどのように年次有給休暇を付与しているか

確認してみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

【中小企業診断士勉強中】みなし労働時間をみてみよう

普段の仕事では、どんな種類の労働時間制をとっているかを意識することは

あまりないですが、その中の1つにみなし労働時間制が大きく分けて2種類

あります。

営業員が外回りなどしている場合、正確に労働時間を把握することは困難です。

なので、就業規則で定めた所定労働時間を働いたとみなします。

これが、事業外労働です。

専門的な業務や企画などの業務など、労働者の裁量で時間を決めて働くほうが

合理的なことがあります。これが、裁量労働です。

裁量労働には、研究開発などの専門的業務に適用される専門業務型と事業の

企画と分析など事業運営自体を扱う業務に適用される企画業務型があります。

裁量労働制を導入するには、労使での合意労働基準監督長への届出が必要です。

このように業務形態や合理性を考えて、さまざまな労働時間制があるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

【中小企業診断士勉強中】労働基準法の休日や休憩

労働基準法の話、法律のことばかりでちょっとつまらないかもしれませんが

問題集を見ると、結構出題されているので押さえておいたほうがいい分野です。

まず、休憩時間をみてみると、

1日の労働時間が6時間を超える場合は45分以上、一日の労働時間が8時間を超える場合は

1時間以上を与える必要があります。さらに、休憩時間は原則、労働時間中に一斉に付与し、

自由に利用させることも必要です。

次に休日です。

毎週少なくとも1日与える必要がありますが。4週間で4日以上の休日を与える変更休日制も認められています。

休日の労働をさせてはいけないのか?

労働基準法では、原則、法定労働時間外の労働を禁止してます。ただし、あらかじめ労使協定(36協定)を結び、

労働基準監督署長に届ければ、労働時間の延長や休日の労働が可能です。

この協定は、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合、その労働組合、もし労働組合がない場合、労働者の過半数

を代表する者と書面により結ばれています。

このように私たちの休日や休憩は取りきめが、きちんと行われているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

【中小企業診断士勉強中】労働基準法下での労働時間

労働基準法は、労働者の保護を目的としているので、労働時間に制限を設けています。

1日の法定労働時間は休憩時間を除いて、8時間、1週間では40時間です。この時間を越えて

使用者は労働者を働かせてはならないとしています。

ただし、例外もあり、常時使用する労働者が10人未満で、かつ特定の事業については週に

44時間までの労働時間が認められています。

特定の事業をみてみると、小売などの商業、映画・演劇業、病院などの衛生業、接客・娯楽業です。

業種や仕事によっては、一律に労働時間をするよりも、一定期間内で柔軟に労働するほうが効率的な

場合もあります。その場合は、変形労働時間が適用されます。

変形労働時間には4種類の時間制があります。

1ヶ月単位の変形労働時間制

1ヶ月間の一定期間の労働時間の平均し、1週間の法定労働時間を越えない限り、特定の一日の労働時間が

8時間を超えてもいい制度です。

フレックスタイム制

1ヶ月以内の一定期間の総労働時間を定めて、労働者者が始業や終業の時刻を決めることができる制度

です。

1年単位の変形労働時間制

1年間の一定期間の労働時間の平均し、1週間の法定労働時間が40時間を越えない限り、、特定の一日の労働時間が

8時間を超えてもいい制度です。

1週間単位の変形労働時間制

労働者が30人未満で特定の業種のみが導入可能です。特定の業種は、小売業、旅館、料理店、飲食店

です。1週間の法定労働時間が40時間を越えない限り、特定の一日の労働時間が8時間を超えてもいい

制度です。

4種類の制度があるので、それぞれの制限事項を覚える必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

【中小企業診断士勉強中】労働条件はいかに決めれているか

労働条件はいかに決めれているか???

一回、会社に入れば気にする機会は少なくなりますが、おさらいしてみたいと思います。

労働協約

労働組合と使用者の間で結ぶ協定。

就業規則

従業員が守るべきルールを記載したもの。

常時10以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成して労働基準監督署長に届けることが

義務となります。※労働者には、正社員だけでなく、パートやアルバイトも含みます。

就業規則には3つの記載事項があります。

絶対的記載事項

必須事項で、労働時間に関する事項、賃金に関する事項、退職に関する事項があります。

相対的記載事項

退職手当や臨時の賃金など、その制度を導入するには記載が必要となります。

任意的記載事項

労働協約や法令に違反しない任意事項を記載します。

そして、この就業規則の作成や更新は労働者の過半数で組織する労働組合がある場合、労働組合の意見を

聞く必要があります。もし労働組合がない場合、労働者の過半数を代表するものの意見を聞く必要があります。

次に労働契約です。

労働者に対して賃金や労働時間などの条件を明示することが義務となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »