« 【中小企業診断士勉強中】労働基準法下での労働時間 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】みなし労働時間をみてみよう »

2010年9月 5日 (日)

【中小企業診断士勉強中】労働基準法の休日や休憩

労働基準法の話、法律のことばかりでちょっとつまらないかもしれませんが

問題集を見ると、結構出題されているので押さえておいたほうがいい分野です。

まず、休憩時間をみてみると、

1日の労働時間が6時間を超える場合は45分以上、一日の労働時間が8時間を超える場合は

1時間以上を与える必要があります。さらに、休憩時間は原則、労働時間中に一斉に付与し、

自由に利用させることも必要です。

次に休日です。

毎週少なくとも1日与える必要がありますが。4週間で4日以上の休日を与える変更休日制も認められています。

休日の労働をさせてはいけないのか?

労働基準法では、原則、法定労働時間外の労働を禁止してます。ただし、あらかじめ労使協定(36協定)を結び、

労働基準監督署長に届ければ、労働時間の延長や休日の労働が可能です。

この協定は、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合、その労働組合、もし労働組合がない場合、労働者の過半数

を代表する者と書面により結ばれています。

このように私たちの休日や休憩は取りきめが、きちんと行われているのです。

|

« 【中小企業診断士勉強中】労働基準法下での労働時間 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】みなし労働時間をみてみよう »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49355206

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】労働基準法の休日や休憩:

« 【中小企業診断士勉強中】労働基準法下での労働時間 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】みなし労働時間をみてみよう »