« 【中小企業診断士勉強中】マーケティングを学ぼう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マーケティングの階層をみてみよう »

2010年9月28日 (火)

【中小企業診断士勉強中】マーケティングコンセプトの変遷について

マーケティングにも歴史があって、時代に応じたコンセプトがありました。

どのようなコンセプトを辿ってきたか、みていきたいと思います。

生産志向

物が不足しており、作れば作るほど売れる時代です。需要が生産を上回っており

生産効率を向上させることが重要な時代でもありました。

製品志向

物がだんだんと満たされてきている時代です。ただ、作ればよいのではなく、物を

改良して顧客に買ってもらおうとした時代でもありました。ただし、顧客のニーズでなく

生産者側の視点で物は作られていました。

販売志向

在庫を抱えるようになり、如何に物を売っていくかが重要視された時代です。生産ではなく

販売にテーマが置かれていました。

顧客志向(マーケティング志向

顧客のニーズを探り、顧客満足を満たす製品を提供していこうという考え方です。現在のように

物があふれて成熟した社会では、顧客ニーズから入る顧客志向が主流です。

社会志向

社会全体に対する責任や貢献を果たしていこうという考え方です。

企業も社会の一員として、企業の利益と、顧客満足、および社会の利益を調和させていくのが

社会志向です。

このように生産志向、製品志向、販売志向、顧客志向、社会志向へとマーケティングコンセプトは

変遷していっており、それぞれの特徴を押さえておくことが必要ですね。

|

« 【中小企業診断士勉強中】マーケティングを学ぼう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マーケティングの階層をみてみよう »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49590875

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】マーケティングコンセプトの変遷について:

« 【中小企業診断士勉強中】マーケティングを学ぼう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】マーケティングの階層をみてみよう »