« 【中小企業診断士勉強中】労働安全衛生法についてみてみよう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】労働関連法規いろいろ »

2010年9月22日 (水)

【中小企業診断士勉強中】労働保険の労災保険と雇用保険

労働保険の労災保険雇用保険についてみていきたいと思います。

保険といえば、まず思い浮かぶのが民間の生命保険ですが、法律でも

労働者の保障を目的としているものがあります。

まずは、

業務上で災害が発生したときの保障である労災保険。これは労働者災害保険法で

定められています。

労災保険は、労働者1人(パートやアルバイト含む))でも雇用していれば、加入義務が発生します。

保険料は事業主が政府に支払います。

労災保険で保障している災害は2つあり、

業務災害:業務が原因となった負傷や疾病、障害、死亡を表します。

通勤災害:通勤中の災害です。ただし、労災保険が支給されるのは、住居と就業場所の

              間を合理的な経路および方法で移動した場合だけです。

次に雇用保険。もしもの失業の時の保障です。これは雇用保険法で、失業中の生活の

安定や再就職の促進、失業の予防や雇用の促進など、労働者の雇用や生活の安定を

目的としています。今では、とても重要な保険ですよね。

この保険も労働者1人(パートやアルバイト含む))でも雇用していれば、加入義務が発生します。

給付にもいくつか種類があり、

求職者給付:失業保険のことで、失業した際に支給される保険です。その名の通り、

                 再就職することを目的に支給されます。

就職促進給付:再就職した際に給付され、厚生労働大臣が認める教育訓練を受講し

                    終了した場合に支給されます。

雇用継続給付:高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付の3 種類があります。

このように法律で労働者の保障が行われており、もしもの時の備えができているのですね。

|

« 【中小企業診断士勉強中】労働安全衛生法についてみてみよう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】労働関連法規いろいろ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49525698

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】労働保険の労災保険と雇用保険:

« 【中小企業診断士勉強中】労働安全衛生法についてみてみよう | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】労働関連法規いろいろ »