« 英文メールを作成するときに役立つ文法本の紹介です。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】使用者による不当労働行為とは。 »

2010年9月14日 (火)

【中小企業診断士勉強中】労働組合法をみてみよう。

労働組合、聞きなれた言葉ですが、どのような組織でしょうか?

労働者が労働条件の改善などを目的に自主的に組織する団体、それが

労働組合です。この労働組合の支援を定めた法律が労働組合法です。

労働組合法は、労働者が使用者との交渉で対等の立場に立つことを促進し、

労働者の地位を向上させ、労働者が労働組合を組織して団結し団体交渉

することを支援するのを目的とした法律です。

この労働組合法は、労働三権である団結権、団体交渉権、団体行動権に

基づいてます。

労働三権の内容は、

団結権:勤労者が使用者と対等の立場に立って、労働条件などについて

交渉するために労働組合をつくる権利、また労働組合に加入する権利。

団体交渉権:使用者と交渉し、協約を締結する権利

団体行動権:団体交渉において使用者に要求を認めさせるため、団結して

就労を放棄する権利。ストライキのことですね。

このような法律のもと、労働者自身の労働条件の改善ができるのです。

|

« 英文メールを作成するときに役立つ文法本の紹介です。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】使用者による不当労働行為とは。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519366/49448035

この記事へのトラックバック一覧です: 【中小企業診断士勉強中】労働組合法をみてみよう。:

« 英文メールを作成するときに役立つ文法本の紹介です。 | トップページ | 【中小企業診断士勉強中】使用者による不当労働行為とは。 »